抜け毛 生活習慣

女の抜け毛

MENU

 35歳の主婦。抜け毛が気になったのは、30代に入ってからのことで、32歳くらいだと思います。

 

 まず、部屋の床に抜け毛がたくさん落ちていることに気がついたのが最初でした。まさか自分の髪の毛がこんなに落ちているとは思いもせずに驚いたのを覚えています。しかも、お風呂に入って髪の毛を洗っている時に、手に抜け毛が大量にくっついているのがわかったのです。入浴中に自分の抜け毛を数えてみたら、なんと100本以上も抜けていたのです。

 

 自分で調べてみたら、通常の人は1日に100本ほど抜けるそうで、入浴中だけで100本も抜けている私はさすがにやばいのではないかと思い始めたのです。抜け毛が多いことで、薄毛も気になってきました。鏡で自分の姿を見てみると、分け目のあたりの頭皮が目立っていて禿げてきているように見えたのです。

 

 また、自分だけでなく夫からも抜け毛を指摘されるようになりました。このまま毎日入浴中だけで100本以上抜け続けていたら私の髪の毛はなくなってしまうと危機感を感じました。

 

 そこで私は、なんとか改善策を見つけようと思いました。どうしたら抜け毛が少なくなるのかネットで調べてみたのです。私が改善策としていいなと思ったのは、生活習慣を改善する方法です。ちょうど、自分の生活習慣を変えたいと思っていたので、それで抜け毛も改善されるならぜひやってみたいと思ったのです。

 

 具体的にやってみたのは、睡眠時間を改善することと食生活を見直すということです。恥ずかしながら私は生活習慣が乱れていて、夜中まで起きていて昼まで寝ていたり、ジャンクフードばかりを好んで食べていたのでした。

 

 ネットで調べた時に、睡眠時間や食生活の乱れは抜け毛の原因になると知ってショックでした。まさに自分がやっていたことは髪の毛に悪いことだったのです。私は32歳で睡眠時間や食生活の見直しを行うことにしました。今まで夜遅くまで起きていたのを早めに寝るようにして、どんなに睡眠時間が少なくても朝にはちゃんと起きるようにしたのです。

 

 また、ジャンクフードを食べるのをやめて、野菜や豆腐、海藻など体によさそうな食材を使って食事を作るようになったのです。食生活の改善を始めてから半年ほど経った頃に、以前よりも抜け毛が少なくなったと感じることができました。お風呂の排水溝に溜まる髪の毛の量が明らかに少なくなったのです。

 

 生活習慣の改善は髪の毛だけでなく健康にもよいので、これからも自分のために続けていきたいなと思っています。